第24回 哲学カフェ

人はなぜ物語がすきなのか?

2018年1月13日(土)

記録ご投稿


投稿受付中のイベント

お申込み受付状況: 受付終了


カフェ・サンラファエルさまの入り口
カフェ・サンラファエルさま

NEW ■ 第24回 哲学カフェGoogleカレンダーに追加

日 時: 2018年1月13日(土) 13:00~15:00

場 所: カフェ・サンラファエル

    (名古屋市西区名駅2-11-8 ファーストビル大樹1階)

     地下鉄「名古屋駅」1番出口より北へ徒歩5分

テーマ: 人はなぜ物語がすきなのか

進 行: 高橋秀和

参加費: 飲食代実費(440円~)

定 員: 13名

申 込:申込み受付状況: 受付終了

共 催: カフェフィロ

《ご案内》

 ひとは物語が好きなのでしょうか? 子供の時に親に物語を聞かせてほしいとせがんだり、大人になってこどもからお願いされた経験を持つ方も多いでしょう。 こんな話から微笑ましい親子の物語を想像したひとも少なくないのではないでしょうか。 何かを想像したり、妄想が始まった時点で物語が始まっているのかもしれません。 そう考えると、ひとは生まれながらに物語が好きなのではないでしょうか。 今回はなぜ人は物語が好きなのかについて考えてみたいと思います。初めての方も 歓迎です。どうぞお気軽にご参加ください。

 

~記録~


~参加者からのご投稿~

[ご説明] 哲学カフェでのやりとりを多くの皆さまと共有する場として開設します。

イベント終了後2週間程度を目安に、参加者の皆さまからのご投稿を募集します。

当日の感想や、後で気づいたことなどを気軽にお寄せください。

参加者同士のさらなる対話の場としてもご活用ください。

[ご注意] 「ホームページ」欄は、ご記入なしで構いません。

「名前」は匿名や変名でも構いません。(後で変更はできませんので、ご注意ください!)

ご投稿はなごテツが発行および許諾した印刷物や電子媒体で複製・転載する場合があります。

あらかじめ、ご了承の上、ご投稿をお願いします。

コメント: 6
  • #6

    Mn3 (木曜日, 18 1月 2018 21:39)

    物語を認識するには高度な知能が必要だろう。
    1.まずここにはない5W1Hを本当のこととして理解する能力。
    2.次にそれが〈つくりもの〉であることだと理解する能力。
    3.最後に〈つくりもの〉を通してなにか〈ほんとうのこと〉を物語は語っているということを理解認識する能力。
    チンパンジーは第1レベルにはクリアー出来てもなかなか第2レベルまで進めない。
    人間でも小さな子供は同様だろう。
    だから小さな子供は物語が苦手だというケースが割と多いのではないか?
    〈虚構〉という概念は高等なのだ。
    お芝居を見てて怪物が出てくると小さな子供が泣き出すのは〈ほんとうのこと〉だと受け取ってしまうからではないか。
    この第2レベルまで進めば第3レベルまではあとほんのちょっとだ。
    このレベル(第3レベル)まで達しないと国語のテストで「この登場人物を通して作者の言いたいことは何か答えなさい」という問題に正解をもらえない。
    もしかしたら国語のテストが理由で物語が嫌いな人もいるかも知れない。
    「どうして言いたいことがあるならわざわざ虚構を通すなどという回りくどいことをするのか?」と文句を言いたい気分になったことはないだろうか?
    大人になると分かることだ。
    大人になっても突き詰めて考えなければ分からないことでもある。
    〈虚構〉が〈真実〉よりもより真実だという場合があるというのは真実ではないか。
    もしチンパンジーがこの真実を理解するようなら、人間も万物の霊長の座を明け渡す時が来たということなのかもしれない。

  • #5

    からす (木曜日, 18 1月 2018 18:32)

    物語の原点はなんだろうか?
    ・家系図か神話
    ・狩猟・採取の地図の原型
    ・狩猟・採取の時期の伝承
    ・道具の製作
    ・ラブソング
    ・ダンスミュージック
    ・死者の埋葬
    ・賭け事
    ・集団のルール
    ・暇つぶし

    適当に書き出してみましたが
    日常ではないことではないかと推測します。

    カラスの生態を集めた本に狩人への協力が書かれていました
    人間の猟師だけでなく、狼などの狩りをする動物にも協力するようで
    獲物になりそうな動物がいる場所を教えてくれるそうです
    もしそんな出来事に出会ったら
    誰かに伝えたくなるのではなかろうか
    これは承認欲求からくるものなのかな?
    物語をすきであることには
    物語を語るのがすきな場合(供給サイド)と
    物語を聞くのがすきな場合(需要サイド)がある
    同じ物語として考えを進めるべきなのか?
    とりあえず保留ですかね・・・

  • #4

    Mn3 (水曜日, 17 1月 2018 21:37)

    むかしむかしあるところに・・・・

    僕等はむかしの記憶が途中から遡れなくなるのが普通だ。
    2、3歳の頃の記憶が僕にはない、と思う。
    それは両親に守られ自分自身の記憶を働かせなくとも日々生きていけるから、だそうだ。
    それが期待できない環境で生きねばならない場合、赤ちゃんの頃から自分の記憶がはっきりしているという。
    例えばモーツァルト。
    彼の生まれた環境は過酷で、生まれた時からの記憶が有ったという。
    0歳の頃からの記憶と引き換えに幸福な日々はモーツァルトから縁のないものとなっていた。

    過ぎ去った時間はどこかに実在するものなのだろうか?
    失敗した人生を歩むとも知らずに赤ちゃんの頃の僕は母親の腕に抱かれ笑ったりするだろう。
    それを見て親も思わず微笑んでいる。
    静謐な時間が流れている。
    幸福な頃。
    そんな光景が今でも確かにどこかに実在していると思うと、たまらなくなる。

    むかしむかしあるところに・・・・

  • #3

    からす (水曜日, 17 1月 2018 17:48)

    むかしむかしあるところに・・・・
    これはわたしにとっては物語の原点なのだろうか?
    おはなしを意識したのがいつ、どんなものだったのか記憶にないので
    自分で本が読めるようになる前のことはあまり覚えていない
    図書館に行った記憶はあるので絵本も読んでいたと思うけれど
    そのころにどんなものを読んだのかはっきりしない
    エルマーとか探偵団の断片の記憶はあるけれど
    自分で読んだ記憶なのか読んでもらった記憶なのか
    もしすると読んであげた記憶なのかもしれない
    本を読むことがすきなので思い出そうとすることは心地良い
    あらたなる刺激を求めて本を読み散らしていたので
    記憶にある限りわたしは物語がすきなのだとおもう
    ではなぜすきなのだろう?
    すきになる前のことが思い出せれば言葉にできるが
    その記憶がないで比較ができない
    わたしにとって物語の記憶は本から始まり
    その時点で好ましいとおもっている
    自分の経験が今回のテーマの検証に有効なはずなのに
    データとして重要なところが欠損している
    これは欠損があるので有効ではないデータとすべきなのだろう
    しかしもうひとつ可能性が残っている
    物語をすきになったのではなく、物語がもともとすきだった場合
    すきであることが標準であり、すきになる前の状態は存在しない
    この場合には有効なデータとして考えてもよいのだろう
    どちらの場合でも記憶の中の原風景は糸口として有効ではない
    別の角度から探さなければいけないようです。

  • #2

    Mn3 (火曜日, 16 1月 2018 21:58)

    『問わず語り』と辞書で引いてみる。
    〈人が問わないのに、自分から語りだすこと〉とある。
    そうか、物語は人にせがまれて話し出すものなのか。
    Aさんが発言なさったように「物語は共感を求める」。
    つまり、その場で聞き手と話し手がいるという空間において反感も含めた『共感』は必須なのだろう。
     また、どなたかが発言なさったように「語る」と「騙る」の類似性。
    物語はどんなに精緻なものでも、どこか「つくりもの」という感が拭えない。
    物語の背後に控えている「ほんとうの世界」。
    しかし、その「ほんとうの世界」を表すにも「物語」というシェーマを通すしかない矛盾。
    「ほんとうの世界」自体をあらわすにも言葉を使わざるを得ない。
    私たちが、つかみたいのは言葉などではない。
    「ほんとうの世界」の筈だ。
    しかし、どうあがいても「物語」を甘受するほかない。
    絵本でも、映画でも、直接言葉がなくとも既に「物語」。
    理論も感情も「言葉」で切り取られて表現される。
    白いおしぼり自体を見たくとも、私たちに見えるのはおしぼりに反射した白い光。
    世界自体を感じたくとも、私たちに感じられるのは世界自体から派生した物語。
    しかし言葉がなければ世界自体はカオスのまま。
    光がなければ白いおしぼりも暗黒のまま、目に見えず。
    『創世記』の言葉を思い出した。
    〈神光あれと言たまひければ光ありき〉
    言葉は光なのだ。
    *    *    *
    鯨も歌を歌うらしい。彼らも「物語」を持っているのだろうか?彼らも世界を「認識」しているのだろうか?

  • #1

    からす (火曜日, 16 1月 2018 10:55)

    人はなぜ物語がすきなのか?のその前に
    人は物語がすきなのか?よりも
    物語とは?の定義は必要なのか?
    今回の哲学カフェの内容は物語とは?だった気がします。
    その中で物語がそこらじゅうに蔓延っている
    これは今回のイベントでの名言だったと思います
    個人的には人は物語にもれなく感染しているのではないかと思っていました
    もし約束を物語とするならば法律は物語である
    1という概念が物語であるならば
    数学好きな人以外にとっても数学は物語である
    株式のチャートだろうが成分分析表だろうが物語である
    人は生まれたあとに誰かに世話をしてもらわなければ生きられない
    その時点で扶養関係から物語に感染してしまう
    どんな表現をしようともその前提に物語が存在している
    物語を嫌いであると理由を考えた時点で物語を語っている
    これは物語が嫌いといえないのではなかろうか
    すきの反対は無関心だとしてもこれも難しい
    約束事が物語だとすると理論的であることは物語に浸かっている
    理論的に考えることから無関心でいる
    本能だけで理論も計算も用いずに生きることができるのだろうか
    物語は嫌いだけど道具として使用はする
    これは成り立ちそうな気はするが
    計画を立てて成功を喜ぶことも物語とするならば
    否定することは難しい気がする
    計画がなければ農業など成り立たなくなってしまう
    人類は物語から自由になることはできないのではないか?
    かなり強引な内容ですが純文学であろうと詩であろうと
    物語の引力から逃れることはできないのではないか
    などと思っていました。